戦慄のミステリー 謎めくサスペンス

戦慄のミステリー 謎めくサスペンス
水野晴郎の究極の映画ベスト・コレクション

JANCODE : 4906585813898

MODEL NO : 10CID-6009

※各作品は製作されて50年以上経過しているため、原盤のフィルムの状態によっては見づらい部分、聞きづらい部分のあることをあらかじめご了承ください。

PRICE¥1,800+税

Brownies
収録内容
1.シャレード
オードリー・ヘプバーンのおしゃれなサスペンス映画である。舞台はパリ。彼女がアルプスでの休暇から帰ると次々と不思議な事件に巻き込まれて・・・。チャーミングなオードリーをお楽しみに。
■監督:スタンリー・ドーネン
■出演:オードリー・ヘプバーン、ケイリー・グラント
■1963年
■カラー
■113分
■PDD-101
2.ナイアガラ
マリリン・モンローの魅力がスクリーンに爆発、彼女を大スターの座に押し上げた作品だ。謎の殺人事件とモンローのセックス・アピールを重ね合わせた構成が面白い。
■監督:ヘンリー・ハサウェイ
■出演:マリリン・モンロー、ジョセフ・コットン
■1953年
■カラー
■89分
■PDG-309
3.三人の妻への手紙
絢爛たる映画手法で三人の女心を見事に描いた傑作である。謎とサスペンス、心に潜む不安。監督賞、脚本賞の二つのオスカーに輝いたマンキウィッツは、後に「イヴの総て」という大傑作を生む。
■第22回アカデミー賞 監督賞、脚色賞受賞
■監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ
■出演:ジーン・クレイン、リンダ・ダーネル
■1949年
■モノクロ
■103分
■PDD-134
4.山羊座のもとに
イングリッド・バーグマンがヒッチコックと組みオーストラリアを舞台にした作品。主人公の彼女が段々と脅迫観念に落ちて行くのが「ガス灯」などを思い起こさせる展開になっている。
■監督:アルフレッド・ヒッチコック
■出演:イングリッド・バーグマン、ジョセフ・コットン
■1949年
■カラー
■117分
■PDK-206
5.三十九夜
ヒッチコックのイギリス時代における最高傑作。これを見れば後のヒッチコック映画の秘密が完全に解ける。ジョン・バカンのスパイ小説が原作というのもおもしろい。
■監督:アルフレッド・ヒッチコック
■出演:ロバート・ドーナット、マデリーン・キャロル
■1935年
■モノクロ
■83分
■PDM-001
6.恐喝(ゆすり)
スリラーの名匠ヒッチコックの記念すべきトーキー第一作。彼の実験精神が溢れた映画であると共に、彼自身が一番好きな映画であるというのが、この映画の面白さの証明である。
■監督:アルフレッド・ヒッチコック
■出演:アニー・オンドラ、サラ・オールグッド
■1929年
■モノクロ
■85分
■PDD-122
7.私は告白する
モンゴメリー・クリフトとアン・バクスターによるヒッチコック作品。懺悔を告白された神父は他人に話す事ができない。逆にこれによって罪を被らされてしまう。このスリルからどうやって逃れるか。
■監督:アルフレッド・ヒッチコック
■出演:モンゴメリー・クリフト、アン・バクスター
■1953年
■モノクロ
■95分
■PDG-305
8.毒薬と老嬢
アメリカン・ヒューマニズムを謳った監督フランク・キャプラ。今もハリウッドでは映画の神話と称えられている人物。さすが、その巨匠の喜劇。思う存分笑っていただきたい。
■監督:フランク・キャプラ
■出演:ケイリー・グラント、プリシラ・レイン
■1944年
■モノクロ
■118分
■PDD-136
9.悪魔のような女 (水野晴郎氏の生解説付)日本語字幕のみ
ヒッチコックと競うフランスの巨匠クルーゾーの恐怖の傑作である。シャロン・ストーンの新作よりこのオリジナルの方がスリルがいっぱいだ。シモーヌ・シニョレの凄まじい演技も身の毛がよだつ。
■監督:アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
■出演:シモーヌ・シニョレ、ヴェラ・クルーゾー
■1955年
■モノクロ
■116分
■PDK-240
10.ガス燈
三つのオスカーを手にした名女優、イングリッド・バーグマンが初めてアカデミー賞を受賞した作品である。恐怖におののく彼女の名演技は、正にサスペンス演技のお手本である。
■第17回アカデミー賞 主演女優賞、室内装置賞受賞
■監督:ジョージ・キューカー
■出演:シャルル・ボワイエ、イングリッド・バーグマン
■1944年
■モノクロ
■114分
■PDD-123

輸入元:キープ株式会社

発売元:キープ株式会社

販売元:ファーストミュージック株式会社

ページ最上部へ


その他の関連用語


おすすめ商品

ページ最上部へ