息もつかせぬ冒険 アドベンチャー傑作選

息もつかせぬ冒険 アドベンチャー傑作選
水野晴郎の究極の映画ベスト・コレクション

JANCODE : 4906585813973

MODEL NO : 10CID-6017

※各作品は製作されて50年以上経過しているため、原盤のフィルムの状態によっては見づらい部分、聞きづらい部分のあることをあらかじめご了承ください。

PRICE¥1,800+税

Brownies
収録内容
1.キング・ソロモン
後に何度も映画化される冒険映画の元祖である。実は「インディ・ジョーンズ」もこの映画に刺激されて出来たもので、ルーカスもスピルバーグもこの映画の面白さにしびれていたのである。
■第23回アカデミー賞 撮影賞、編集賞受賞
■監督:コンプトン・ベネット/他
■出演:スチュワート・グレンジャー、デボラ・カー
■1950年
■カラー
■103分
■PDD-146
2.アリババと四十人の盗賊
ハリウッド剣戦映画の超大作。「アラビアン・ナイト」の名コンビが今度はモンゴルの大王を相手に復讐の大作戦を展開する。アメリカ映画らしいテクニカラーの色彩感覚が面白い。
■監督:アーサー・ルービン
■出演:マリア・モンテス、ジョン・ホール
■1944年
■カラー
■87分
■PDM-023
3.ベンガルの槍騎兵
インドを舞台にイギリス軍の活躍を描くアクション娯楽大作。当時の大スター、ゲイリー・クーパーとフランチョット・トーンの競演と、戦争シーンのスペクタクルをたっぷりお楽しみいただけます。
■第8回アカデミー賞 助監督賞受賞
■監督:ヘンリー・ハサウェイ
■出演:ゲイリー・クーパー、フランチョット・トーン
■1935年
■モノクロ
■108分
■PDK-204
4.アラビアン・ナイト
異国情緒いっぱいに、有名な“千一夜物語”の世界が展開。マリア・モンテス、ジョン・ホールと言った当時ユニバーサル映画のトップ・スターが競った娯楽大作。
■監督:ジョン・ローリンズ
■出演:マリア・モンテス、ジョン・ホール
■1942年
■カラー
■86分
■PDM-022
5.黄金
ハンフリー・ボガートの熱演。人間の欲望を描いて、よくぞ、ここまで突っ込んだ演技をやったものだと感動。ヒューストン監督とその父ウィルター・ヒューストンはそれぞれアカデミー賞をうけている。
■第21回アカデミー賞 助演男優賞、監督賞、脚色賞受賞
■監督:ジョン・ヒューストン
■出演:ハンフリー・ボガート、ウォルター・ヒューストン
■1948年
■モノクロ
■125分
■PDM-049
6.アフリカの女王
ボガートとキャサリン・ヘプバーン。オスカー受賞の中年二人組が何とドイツの砲艦を撃沈しようとするのだから面白い。名匠ジョン・ヒューストンの腕によって超A級エンターテイメントになっている。
■監督:ジョン・ヒューストン
■出演:ハンフリー・ボガート、キャサリン・ヘプバーン
■1951年
■カラー
■104分
■PDM-016
7.キング・コング
CGのない時代。これだけの面白い映画をよくぞ作った。次から次へと現れる原始怪獣の凄さ。遂にはエンパイア・ステートビルに登ったキング・コングと飛行機隊の決戦。最上の娯楽大作。
■監督:メリアン・C・クーパー
■出演:フェイ・レイ、ロバート・アームストロング
■1933年
■モノクロ
■100分
■PDM-030
8.類猿人ターザン
「史上最高のターザン」と呼ばれたJ・ワイズミュラーのデビュー作。オリンピックで5個の金メダルを獲得した鍛えあげられた肉体と有名な「ア〜ア〜、ア〜」という雄叫びで大ヒットを記録した。
■監督:W・S・ヴァン・ダイク二世
■出演:ジョニー・ワイズミュラー、モーリン・オサリヴァン
■1932年
■モノクロ
■100分
■PDB-532
9.ロビンフッドの冒険
戦争前、日本に登場した珍しいカラー映画として話題を呼んで大ヒット。当時No.1のドル箱剣戦スターとして人気の高かったエロール・フリンのアドベンチャー大作。
■第11回アカデミー賞 作曲賞、室内装置賞受賞
■監督:マイケル・カーティス/他
■出演:エロール・フリン、オリヴィア・デ・ハヴィランド
■1938年
■カラー
■102分
■PDM-045
10.バグダッドの盗賊
これぞエンターテイメント。CGの使えない時代によくぞここまでのスペクタクルを創ったものだと感心する。幻想的でロマンチックでこれぞ映画ならではの興奮。
■第13回アカデミー賞 撮影賞、特殊効果賞受賞
■監督:ルドウィッヒ・ベルガー
■出演:サブー、コンラート・ファイト
■1940年
■カラー
■106分
■PDM-021

輸入元:キープ株式会社

発売元:キープ株式会社

販売元:ファーストミュージック株式会社

ページ最上部へ


その他の関連用語


おすすめ商品

ページ最上部へ